2017年2月21日火曜日

パリ2日目

2/19 Paris3日目
今日は朝から森上さんがParis案内をしてくださいました^ ^

家の近くのマルシェは日曜も空いてるということでさっそくいろいろ見てみるとチーズ、バター、生ハムが安い!!
感激でした!ほぼお土産決まりましたね笑


歩き続けてるといきなり大きな建物が見えてきて側面だけもすごいのですが正面に回ると迫力ありすぎて見とれてしまいました!!なんとダヴィンチ•コードの映画で実際に使用された教会だそうです!大きな泉も湧き出てて画になります。そして中に入ると日曜ということでみなさんお祈りしていました。


Parisは歩いていろんなところに行けるみたいで歩いていくうちにマレ地区とノートルダム大聖堂に行きました^ ^今回は大聖堂の中に入れなかったので近いうちにリベンジしたいです。

そのあとはメトロに乗って凱旋門、、

森上さんオススメのランチのお店でクロックマダムを食べて、、

エッフェル搭、、




シャンゼリゼ通り、、


ここでなんとゲラン本店見つけちゃいました!



森上さんがいなかったらこんなにたくさん回ることできませんでした!
森上さん今日は本当にありがとうございました^ ^

2017年2月18日土曜日

パリ研修2月17日~3月2日

昨日からパリ研修スタート致しました
岩村と荒木です!

お店の近くの風景こんな感じです!
さすがパリというようなおしゃれな建物ばかりです✨
お店の営業風景です!



昨日は片岡社長にご飯に連れて行って頂きました!



フォアグラ🦆


エスカルゴ🐌


陽気な店員さん👴🏻


レモンジュース🍋

これはレモン果汁100%で水とお砂糖を自分で混ぜて飲むようになってました!

日本ではあまりないものを食べさせて頂きました!!

色々と日本とは違うことがあるので沢山吸収して勉強してきたいと思います\( ˆoˆ )/

2017年2月10日金曜日

フリーハンド バレイャージュ

こんにちは

今回は、バレイャージュのフリーハンドで作るカラーリングをご紹介していきます。

モデルさんのBeforeは毛先だけグラデーション状にカラーリングされている状態からナチュラルなグラデーションになるカラーリングをご希望されました。

バニダの指示で今回はホイルもテッシュもスパチュラ(薄い卓球のラケットの様なカラー道具)も使わずにフリーハンドで行うバレイャージュの技法で行うことにしました。

日本でもバレイャージュの技術はありますが、スパチュラも使わずの本当に髪と頭の形に合わせてバランスだけで行うバレイャージュは中々しない技術なので仕上がりが、とても気になりました。

今回のカラーは、ナチュラルグラデーションがテーマなので明るくなりすぎない様にホイルもテッシュも使いませんでした。

そして、放置時間もカラーデザインにもよりますがバニダは平均でバレイャージュの時は50分前後ほどの放置時間を置きますが今回は25分程の短い放置時間になりました。

仕上がりは、少し動きのあるスタイルが好きと言うことでブローとアイロン仕上げにさせて頂きました^ - ^

1度のカラーリングだけで、こんなにも綺麗なナチュラルブロンドに仕上がる髪質に感動です‼︎

そして、今回のフリーハンド バレイャージュをベースに日本人にも似合わせしやすいカラーリングの新しいヒントにも繋がる発見がいくつかあったので日本でも是非アレンジを加えて行いたい技術になりました‼︎

まだまだカラーリングは奥が深く、何より楽しいですね(^^)!


2017年2月7日火曜日

サロンワーク中の一コマ

こんにちは

先週の営業中、常連のマダムのブローをしている間 マダムの愛犬をお世話しているアシスタントのトマの様子です^ - ^

遠くから見るとぬいぐるみを抱えてる様にも見えますね(^^)笑

マダムも愛犬も、とてもリラックス出来るジャック・モアザンParisの様子でした。

2017年1月24日火曜日

バレイャージュ

こんにちは


先日、Parisマダムのカラーをさせて頂けたのでその様子をご紹介していきます。
Beforeの状態で前回カラーしてから約6㎝以上は根元が伸びている状態から、ご希望はホワイトブロンドでした。
カラーの施術は、バレイャージュにしました。
マダムの持っている髪の色素がかなりグレイ ブルー系だったので1度のカラーだけでafterの写真の様に綺麗なホワイトブロンドまですることが出来ました。
日々のサロンワーク中にもよく思うことですが、本当に髪の色素が綺麗過ぎる方ばかりで羨ましく思います‼︎
アジアにはない髪質、色素 良い経験になります。
カラーの後はジャック・モアザンParis店のアシスタントのトマがカット&ブローで仕上げました。


仕上げも綺麗でマダムも喜んで帰って行かれたので良かったです(^^)!




 
 
 
 






























2017年1月11日水曜日

ガレット・デ・ロワ

こんにちは

今回は、フランスの1月に行われるガレット・デ・ロワと言う習わしをご紹介します。

ガレット・デ・ロワとは丸いパイ菓子の中に1つだけフェーヴと呼ばれる小さな陶器の作りものが入っており家族みんなで人数分に切り分けて一緒に食べていきます。

その時に自分の食べているものにフェーヴが入っていると、その人に1年間の幸運が続くと言われています^ - ^

先日、ジャック・モアザンParisでもしてみたところ今年のフェーヴは王冠の形をしていて、フィリップの元に現れました‼︎

フィリップは、大事そうにフェーヴを持って帰っていました^^)

サロンの近所の美味しいパティシエさんもガレット・デ・ロワを買い求めるお客さん達でお店の外まで行列が出来る程、賑わっている様子でした。

1月にフランスに来られた際は是非、本場のガレット・デ・ロワを体験してみては如何でしょうか^ - ^














2017年1月6日金曜日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

2017年が始まり数日が経ちました。

Parisでのお正月は、あまり日本ほど重要ではないらしく新年の挨拶ぐらいで終わってしまいます。

なので、今年はあまり年末年始感がなく少し違和感のある年明けとなりました‥。

今年も引き続きジャック・モアザンParis店やフランスの様子をご紹介させて頂きますので、是非よろしくお願い致します^ - ^